• 本

スティーヴン・スピルバーグ

フィルムメーカーズ 18 期待の映像作家シリーズ

出版社名 宮帯出版社
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-8016-0196-3
4-8016-0196-0
税込価格 1,944円
頁数・縦 183P 21cm

商品内容

要旨

充実した完全データ。製作・製作総指揮作品、テレビ作品も含む。作家論、作品論、音楽論、製作総指揮作品について、徹底解剖!「自分が何者であるか」を追い求め、壮大なエンターテインメント作品を描き続けた巨匠のすべて!!1997年から2001年まで発行され高く評価された「フィルムメーカーズ」シリーズを復刊。スタイルを旧シリーズから踏襲し、新たに伝記的な事実を描いた「ライフストーリー」を掲載した。実力派執筆者による充実した批評・論考、座談会。名場面をカラー24ページで紹介。

目次

ライフストーリー 少年スピルバーグが監督スピルバーグになるまで―『激突!』までの道のり
スティーヴン・スピルバーグ インタビュー1 『未知との遭遇』はドラマチックなアドベンチャー・ストーリーだ
スティーヴン・スピルバーグ インタビュー2 自分たちの歴史、祖先の苦しみを私の魂こめて作った映画『シンドラーのリスト』で子どもたちに語り伝えようと思った。
作家論 スピルバーグと外国語
作品論『激突!』『未知との遭遇』
作品論『続・激突!カージャック』『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』『レディ・プレイヤー1』
作品論『JAWS/ジョーズ』『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』
作品論『1941』『ミュンヘン』
作品論『レイダース/失われたアーク“聖櫃”』『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』
作品論『E.T.』『A.I.』〔ほか〕

著者紹介

南波 克行 (ナンバ カツユキ)  
1966年、東京生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。映画批評。アメリカ映画を中心に研究・執筆を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)