• 本

総理に告ぐ 新橋署刑事課特別治安室〈NEO〉

角川文庫 な45−10

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-04-107965-2
4-04-107965-9
税込価格 880円
頁数・縦 383P 15cm

商品内容

要旨

元与党幹事長・佐竹の回顧録のゴーストライターを引き受けた小林は、売れない現状からの浮上を図るべく、過去の汚行を告白させようと試みる。しかし、語られたのは現総理大臣のスキャンダルだった。直後、公安警察が突如現れ現場は騒然となる。命からがら逃げ出した小林は、取材の一部始終が録音されたレコーダーを手に、旧知の警察官の助けを得て、テレビ局を巻き込んだ大勝負に出るが―。政界の闇を巡る緊迫サスペンス!

おすすめコメント

怒濤の展開と圧倒的リアリティ。政界の闇をめぐる緊迫のサスペンス!元与党幹事長の回顧録のライターを引き受けた小林は、過去のスキャンダルを告白させようと試みる。しかし語られたのは、戦争へと舵を切る現総理大臣の、知ってはいけない大スキャンダルだった――。

著者紹介

永瀬 隼介 (ナガセ シュンスケ)  
鹿児島県生まれ。大学卒業後、メーカー勤務を経て、週刊誌記者に。1991年にフリーとなり、事件ノンフィクションを中心に活躍。2000年、長編小説『サイレント・ボーダー』を永瀬隼介のペンネームで発表し、小説家デビュー。小説作品他、ノンフィクション作品もある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)