• 本

湖宮は黄砂に微睡む

角川文庫 し55−8 金椛国春秋

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-04-107751-1
4-04-107751-6
税込価格 691円
頁数・縦 332P 15cm

商品内容

要旨

金椛帝国最西の街。罪を犯した友人を救おうとした咎で、辺境に飛ばされた星遊圭。先輩役人たちの嫌がらせにも負けず頑張る遊圭だが、療母の胡娘の助けもあり、居心地は悪くない。しかし、戦地より帰還した兵士から、行方不明中の公主・麗華が、死の砂漠にある伝説の郷に逃げたという情報がもたらされ、事態は一変。しかも胡娘の生き別れの夫が同行しているようで…。死の砂漠で公主捜し!?傑作中華ファンタジー、冒険の章!

おすすめコメント

死の砂漠で公女を捜せ! 知力を尽くして天命を待つ、手に汗握る最新作! 罪を犯した友人を救おうとした咎で、辺境の地に飛ばされた遊圭。先輩役人たちの嫌がらせにも負けず頑張るけれど、帰還した兵士から、公女の麗華が死の砂漠にある伝説の村に逃げ延びたらしいと聞き……。

著者紹介

篠原 悠希 (シノハラ ユウキ)  
島根県生まれ。神田外語学院卒業。プログラマー、介護職などを経て、現在ニュージーランド在住。2013年、第4回野性時代フロンティア文学賞を受賞し、受賞作を改稿、改題した『天涯の楽土』でデビュー。深い知識に裏打ちされた世界観と、いきいきとした人物描写が特長の実力派(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)