• 本

邪宗門の惨劇

角川ホラー文庫 よ1−32

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-04-107969-0
4-04-107969-1
税込価格 704円
頁数・縦 301P 15cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 物語の主人公は推理作家。
    彼の元に中学時代の同級生から不可解な手紙が届きます。
    「折り入って話たいことがある。」手紙に添えられた北原白秋の詩。
    不審に思いながらも彼女の家を訪ねると、そこは浮世離れした洋館で、やはり中学時代の同級生が二人。
    再会を喜ぶ間も無く3人は監禁されてしまうのです。同窓会を目前に、なぜ自分たちが監禁されたのか。
    自分たちの置かれた状況を飲み込めずにいる3人の前に現れた女性の死体は、自分たちを招待した同級生のもの。
    犯人は何者なのか、このままなすすべも無く殺されてしまうのか、、、?

    視覚イメージをとても刺激されます。
    舞台となる洋館なのですが、とにかく変わった建物で、その様子が詳細に描写されており、とてもイメージしやすいです。
    そこにワーグナーの音楽だったり、北原白秋の詩だったりがプラスされて、現実離れした世界が構築されています。

    終盤明らかになる犯人とその動機ですが、なんとも辛く、
    読んだ後もしばらく物語の余韻でしんみりしてしまいました。

    (2019年5月7日)

商品内容

要旨

“母さん、帰らぬ、さびしいな。金魚を一匹突き殺す。”北原白秋の童謡『金魚』と共に、作家・朝比奈耕作に送られてきた、中学時代の同級生・熊谷須磨子からの手紙。朝比奈は指示通り松涛の洋館を訪れるが、同様に呼び出された同級生2人と館に閉じ込められてしまう。蝋燭だけが頼りの暗闇で脱出を試みる3人だが、やがてどこからか女の金切り声が響き渡り―カーテンの裏には“突き殺された”熊谷須磨子の死体が転がっていた!

おすすめコメント

閉じ込められた洋館に、美女が二人と死体が一つ! どんでん返しミステリ。 〈母さん、帰らぬ、さびしいな。金魚を一匹突き殺す。〉白秋の童謡と共に、作家・朝比奈に送られてきた中学時代の同級生からの招待状。古びた洋館で不気味な一夜の幕が開く。一気読み保証のホラーミステリ!

著者紹介

吉村 達也 (ヨシムラ タツヤ)  
1952年生まれ。ニッポン放送、扶桑社を経て90年より専業作家。ミステリーとホラーを作品の主軸として両立させた数少ない作家のひとり。2012年5月、逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)