• 本

『週プロ』黄金期熱狂とその正体 活字プロレスとは何だったのか?

出版社名 双葉社
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-575-31420-5
4-575-31420-X
税込価格 1,650円
頁数・縦 287P 19cm

商品内容

要旨

眠らない編集部が発信し続け、「業界」を震撼させた“活字”の正体とは。さまざまな形で『週プロ』に関わった21名の証言。

目次

第1章 『週プロ』誕生前夜
第2章 第二代編集長ターザン山本
第3章 公称40万部の怪物雑誌
第4章 狂いだした歯車
第5章 「黄金期」の終焉と「新体制」への移行
終章 兵どもが夢の跡

おすすめコメント

『週刊プロレス』、全盛期には公称30万部を誇る怪物雑誌として多大なる影響力を持っていた。スキャンダラスな誌面、取材拒否など事件の数々……今だからこそ語れる『週プロ』の真実を当時の編集者たちはもちろん、プロレスラーや団体関係者、削っていたライバル誌の編集者たちの証言をもとに、インターネットが発達した現在では二度とないであろう活字プロレスという“熱狂”を検証します。