• 本

難民該当性の実証的研究 オーストラリアを中心に

出版社名 日本評論社
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-535-52377-7
4-535-52377-0
税込価格 6,490円
頁数・縦 256P 22cm

商品内容

目次

難民条約の制定過程―全権会議議事録から
立証責任と信憑性評価
迫害概念
迫害事由―宗教
迫害事由―特定の社会的集団
迫害事由―政治的意見
補完的保護
国内移転
「安全な第三国」条項
保護ビザの取消し
偽造文書の提出による保護ビザ拒否

おすすめコメント

難民条約における「難民」の定義に該当するか否かの基準につき、オーストラリアの行政・司法の判断をもとに多角的に考察する。

著者紹介

浅川 晃広 (アサカワ アキヒロ)  
1974年神戸市生まれ。1996年神戸市外国語大学卒業。1997年オーストラリア国立大学留学。1999年大阪大学大学院文学研究科修士課程修了。2002年から2004年、在オーストラリア日本国大使館専門調査員。2005年から現在、名古屋大学大学院国際開発研究科・講師。同年博士(学術)学位取得。2013年から現在、法務省入国管理局・難民審査参与員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)