• 本

フォッケウルフ戦闘機 ドイツ空軍の最強ファイター 新装版

光人社NF文庫 す1112

出版社名 潮書房光人新社
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-7698-3112-9
4-7698-3112-9
税込価格 869円
頁数・縦 254P 16cm
シリーズ名 フォッケウルフ戦闘機

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

ナチス御用達のライバル機・メッサーシュミットMe109と鎬を削り、大戦末期にはすべての連合軍戦闘機を凌ぐ高性能を備えるにいたったFw190の全貌。まさに驚異的ともいえる二次大戦前夜から戦中にかけてのドイツ航空界の技術と工業力の発展を背景に、気骨のメーカー、フォッケウルフ社のたゆみない航跡を描く。

目次

1 フォッケウルフ社の誕生
2 空冷戦闘機Fw190を開発
3 Me109をしのぐ傑作機
4 「スピットファイア」を圧倒
5 痛恨!英基地に誤着陸
6 “長っ鼻”D型で巻き返す
7 たった二機でノルマンディー迎撃
8 第二次大戦の最強戦闘機Ta152

著者紹介

鈴木 五郎 (スズキ ゴロウ)  
1924年7月13日、京都府中舞鶴生まれ。1943年6月、大日本飛行協会横浜飛行訓練所(学生航空連盟)で水上機の操縦訓練を受ける。1944年8月、三重海軍航空隊2期飛行予備生徒隊に入隊。1948年9月、東京大学文学部卒業。その後小学館児童編集部を経て読売新聞社出版局に勤務。1979年、定年退職。航空史研究家。2018年12月、歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)