• 本

そうだったのか!?戦国ミステリーの真相

出版社名 メディアパル
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-8021-1030-3
4-8021-1030-8
税込価格 778円
頁数・縦 159P 19cm

商品内容

要旨

事実は小説より奇なり。桶狭間は奇襲ではなかった!!本能寺の変の黒幕は○○だった!!伊達政宗は隠れキリシタンだった!!etc.日本人の9割が知らなかった仰天秘史!!一級史料で紐解いた「驚愕の戦国史」。

目次

第1章 信長・秀吉・家康―天下人たちの真実(戦国覇王は超強運の持ち主―織田信長は本能寺の変の前に5回死んでいてもおかしくなかった!!
強運と機転で死地を脱出―四面楚歌の織田信長の命を救った信じられない「5回の奇跡」とは? ほか)
第2章 戦国最大の謎が解けた!!「本能寺の変」全真相(第一の容疑者は明智光秀ではなかった!!―本能寺の変起こる―!!その時信長が疑った「意外な人物」
真の狙いは「茶会の開催」だった!!―御小姓衆20人だけを伴って上洛…信長が手薄な警護で本能寺を訪れた理由 ほか)
第3章 有名武将たちの「知られざる素顔」(正体不明の素浪人の国盗り物語は嘘!?―“戦国乱世の象徴”とされる北条早雲はれっきとした室町幕府の幕臣だった!!
漢字違いの人物を古文書で発見!!―武田信玄を支えた名軍師・山本勘助は虚構のキャラではなく実在していた!! ほか)
第4章 信じられない!!戦国時代の「ウソホント」(宣教師ルイス・フロイスは見た!!―「乱坊取り」か南蛮人に売り飛ばされる…“戦争奴隷”がたどった過酷すぎる運命
南蛮貿易で得た資金を投入!!―農民から土地を買い漁る不動産ビジネス 千利休は「戦国時代のバブル紳士」だった!! ほか)

おすすめコメント

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康…誰もが知っている天下人の知られていない意外な一面や、戦国時代最大のミステリー「本能寺の変」の真相等々、硬軟織り交ぜた戦国時代雑学を、豊富な史料にもとづいた精緻な分析で定評のある歴史研究家、跡部蛮氏が完全解説。

著者紹介

跡部 蛮 (アトベ バン)  
1960年大阪市生まれ。佛教大学大学院博士課程修了(博士/文学)。テレビのコメンテーターや講演活動のほか、週刊誌で連載。江戸時代の古地図を持って町歩きする「江戸ぶら会」を主宰する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)