• 本

Q&Aでわかる相続時精算課税制度と各贈与税特例制度の活用

第2版

出版社名 税務研究会出版局
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-7931-2405-1
4-7931-2405-4
税込価格 2,200円
頁数・縦 317P 21cm
シリーズ名 Q&Aでわかる相続時精算課税制度と各贈与税特例制度の活用

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

第1章 相続時精算課税制度のしくみとポイント
第2章 相続時精算課税の申告のしかたと記載例
第3章 相続時精算課税選択の特例制度(住宅取得等資金に相続時精算課税を適用)
第4章 住宅取得等資金の贈与税非課税特例と相続時精算課税制度
第5章 教育資金の贈与税非課税特例と相続時精算課税制度
第6章 その他の贈与税の特例及び非居住者への贈与時の特例
第7章 非上場株式の相続税・贈与税の納税猶予制度と相続時精算課税制度
第8章 相続時精算課税制度の活用法
第9章 贈与と相続税調査

著者紹介

渡邉 正則 (ワタナベ マサノリ)  
昭和36年福島県いわき市生まれ。昭和58年学習院大学経済学部卒業、東京国税局税務相談室、同課税一部調査部門(地価税担当)等の主に資産課税に係る審理事務に従事した後、品川税務署資産課税部門上席国税調査官を最後に退職。平成9年税理士登録、中小企業診断士、CFP、青山学院大学大学院(会計研究科)客員教授(平成20年〜24年)、全国事業再生税理士ネットワーク幹事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)