• 本

日本美のこころ最後の職人ものがたり

出版社名 小学館
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-09-388667-3
4-09-388667-9
税込価格 4,400円
頁数・縦 265P 19×19cm

商品内容

要旨

烏帽子、杼、蒔絵筆、長崎刺繍、京弓、烏梅、からむし、キリコ、撥鏤、和鏡、丹後和紙、金唐紙、久米島紬、御簾、漆掻き道具、駿河炭、金平糖、コロタイプ印刷、文化財修理など、最後のひとりとなっても昔ながらの手法を守り続ける矜持をもち日々仕事に励む職人たちを、彬子女王殿下が訪ねた珠玉の随筆集。

目次

烏帽子―職人 四津谷敬一さん(富山県富山市)
杼―職人 長谷川淳一さん(京都府京都市)
蒔絵筆―職人 村田重行さん(京都府京都市)
京瓦―職人 浅田晶久さん(京都府京都市)
長崎刺繍―職人 嘉勢照太さん(長崎県長崎市)
京弓―職人 柴田勘十郎さん(京都府京都市)
本藍染―職人 森義男さん(滋賀県野洲市)
烏梅―職人 中西喜久さん(奈良県奈良市)
からむし―職人 昭和村からむし生産技術保存協会(福島県大沼郡昭和村)
琵琶―職人 四世石田不識さん(東京都港区)
金具―職人 横山金具工房(京都府京都市)
キリコ―宮司 工藤庄悦さん(宮城県本吉郡南三陸町)
撥鏤―職人 守田蔵さん(京都府木津川市)
和鏡―職人 山本晃久さん(京都府京都市)
丹後和紙―職人 田中敏弘さん(京都府福知山市)
金唐紙―職人 上田尚さん(東京都豊島区)
久米島紬―職人 久米島紬事業協同組合(沖縄県島尻郡久米島町)
御簾―職人 豊田勇さん(東京都江東区)
加賀水引―職人 津田宏さん(石川県金沢市)
漆掻き道具―職人 中畑文利さん(青森県三戸郡多子町)
駿河炭―職人 木戸口武夫さん(福井県大飯郡おおい町)
熊本城復元事業―職人 熊本城総合事務所(熊本県熊本市)
金平糖―職人 清水誠一さん・泰博さん(京都府京都市)
コロタイプ印刷―職人 便利堂(京都府京都市)
文化財修理―職人 美術院国宝修理所

出版社・メーカーコメント

彬子女王殿下が訪ねる「最後の職人」たち世界に誇るべき日本の手わざ。江戸期より明治、大正、昭和と守り伝えられてきたものが、いま、消えつつあります。烏帽子(えぼし)、杼(ひ)、蒔絵筆(まきえふで)、烏梅(うばい)、和釘(わくぎ)、キリコ、金唐紙(きんからかみ)、御簾(みす)、漆(うるし)かき道具……。後継者不足や材料の枯渇、用途の減少により失われつつある伝統の手わざを、最後のひとりとなっても守り続ける矜持をもって、日々仕事に励む職人たち。その真摯な姿が稀少なものを生み出す現場を訪ね、日本文化に造詣の深い彬子女王殿下ならではの視点で魅力を読み解いた、知性溢れるエッセイ集です。誌「和樂」誌上での連載3年分より25本を厳選して収録。美しい写真をふんだんに掲載し、装丁にも凝った、宝物にしたい一冊となっています。