• 本

進化する人体 虫垂、体毛、親知らずはなぜあるのか

出版社名 柏書房
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-7601-5092-2
4-7601-5092-7
税込価格 2,420円
頁数・縦 270P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

人体には進化の過程でなくなりつつある?むだな臓器があるらしい。それはダーウィンがかつて「痕跡的」と記した7つの臓器だ。男の乳首、虫垂、体毛、尾骨、耳介筋、「第三の」瞼、親知らず…いわれてみれば、確かに!しかし、その役割とは?本当になくなるのか?歴史的、文化的にもこうした疑問に答える。

目次

第1章 みいつけた―虫垂
第2章 羽毛と毛皮―体毛
第3章 尾の骨のお話―尾骨
第4章 耳の輪―耳介筋
第5章 ぱちり―第三の瞼
第6章 白い歯―親知らず
第7章 なくてもよいもの
第8章 未来の人間
第9章 追記

著者紹介

リンツラー,キャロル・アン (リンツラー,キャロルアン)   Rinzler,Carol Ann
コロンビア大学で修士号(ヨーロッパ史)を取得し、政治、市民生活に関する業績でニューヨーク州上院顕彰女性に選ばれたことがあり、ニューヨーク麻酔科医協会の第1回患者支援賞も受賞した。ニューヨーク市在住
松浦 俊輔 (マツウラ シュンスケ)  
翻訳家、名古屋学芸大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)