• 本

いま知っておきたい「みらいのお金」の話

出版社名 アスコム
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-7762-1034-4
4-7762-1034-7
税込価格 1,650円
頁数・縦 348P 19cm

商品内容

要旨

仮想通過は国境のない自由なお金。お金は価値を交換するためのメディア。価値はみんなで支える一人ひとりの物語。ブロックチェーンはウソがつけない台帳。仮想通貨はお金のどこでもドア。「いいね!」の数がお金に変わる!いきがいが生活の糧になる時代に!国や会社に頼らなくてもお金に困らなくなる!金融、経済、仮想通貨。これからの「お金」のことがイチからわかる。

目次

1時間目 「みらいのお金」は自由へのパスポート
2時間目 仮想通貨ってそもそも何?
3時間目 日本は「キャッシュレス後進国」で「仮想通貨天国」?
4時間目 「みらいのお金」も「昔のお金」も約束と信用でできている
5時間目 「みらいのお金」で誰でも作れる「小さな経済」
6時間目 仮想通貨を使ってみよう
7時間目 お金はマルチメディア化する

おすすめコメント

仮想通貨などの新しい概念・技術によって「お金」と「社会」はどう変わっていくのかという社会人向けの経済読み物です。

著者紹介

松田 学 (マツダ マナブ)  
元衆議院議員、元財務官僚。現在は松田政策研究所代表、バサルト株式会社社長、社団法人ドローンシティ協会理事長などさまざまな役職を務める。東京大学経済学部を卒業後、大蔵省(当時)に入省。大蔵省大臣官房企画官、内閣官房内閣審議官、財務本省課長、東京医科歯科大学教授、(独)郵貯・簡保管理機構理事、預金保険機構金融再生部長などを経て、国政進出のため退官。日本維新の会から衆議院議員に当選、衆院内閣委員会理事、次世代の党政調会長代理などを歴任。その後、東京大学大学院客員教授としてサイバーセキュリティの研究に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)