• 本

好奇心が未来をつくる ソニーCSL研究員が妄想する人類のこれから

出版社名 祥伝社
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-396-61678-6
4-396-61678-3
税込価格 2,530円
頁数・縦 410P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

これからの30年で、我々はどのように変わっていくのか。異才研究者集団が、見ていること・考えていること。

目次

暦本純一―未来の“自然”を呼び込むインベンターであり続けたい
古屋晋一―ピアニストの身体動作の研究を通じて「文化が進化し続ける世界」をつくる
茂木健一郎―好奇心以外に、人類の旅の行き先を決める手段はない
吉田かおる―研究は麻薬のようなもの
高安秀樹―理論物理学を人工知能に構築できれば、科学のあり方は抜本的につくり変えられる
アレクシー・アンドレ―人はもっと面白がれるはず
ミカエル・シュプランガー―どうしたら、人間のインテリジェンスの「コア」を備えたマシンの再構築ができるか
大和田茂―機械と人間の関係を考える
舩橋真俊―テクノロジーは人の苦しみを取り除く手段。幸福論を持ち込むべきではない
竹内雄一郎―分散した知識で街を編集するWikitopia
笠原俊一
フランク・ニールセン
遠藤謙
桜田一洋
佐々木貴宏
磯崎隆司
吉田由紀
山本雄士
ナターリア・ポリュリャーフ
北野宏明