• 本

ポストヒューマン 新しい人文学に向けて

出版社名 フィルムアート社
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-8459-1725-9
4-8459-1725-4
税込価格 3,240円
頁数・縦 313,39P 20cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

人文主義の根幹にある近代・西洋・白人・男性的な人間像に異議を突きつけ、新しい人文学(ヒューマニティーズ)のかたちを描き出す。自己・種・死・理論の先にある新たな生のための、ポストヒューマン理論入門の決定版、新時代の人間論。

目次

第1章 ポスト人文主義―自己を越える生(反ヒューマニズム
人間の死、女性の脱構築 ほか)
第2章 ポスト人間中心主義―種を越える生(地球警報
動物への生成変化としてのポストヒューマン ほか)
第3章 非人間的なもの―死を越える生(いくつかの死にかた
生政治を超えて ほか)
第4章 ポストヒューマン人文学―理論を越える生(不協和の制度的パターン
二一世紀の人文学 ほか)
結論(ポストヒューマンな主体性
ポストヒューマンの倫理 ほか)