• 本

属国日本史幕末編 思想劇画

出版社名 コスミック出版
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-7747-9179-1
4-7747-9179-2
税込価格 1,728円
頁数・縦 279P 21cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

幕末の英雄、維新の元勲たちの「ウソ」を「帝国‐属国」論で斬る!!情熱に燃えた下級武士たちの潔癖な愛国心で、明治維新ができたと考えるのは間違いである。

目次

第1章 文久2年の巨大な謎(おかしいじゃないか!攘夷志士の海外渡航
怪しすぎるッ!長崎グラバー商会 ほか)
第2章 外国は、日本を支配しにやってきた!(不愉快きわまりない脅し外交
ペリー以来変わらぬアメリカの日本観 ほか)
第3章 坂本龍馬と秘密のインナー・サークル(ジョン万次郎という男
イギリスの工作員としての「龍馬がゆく」 ほか)
第4章 幕末ゲバゲバ・尊王攘夷事件クロニクル!(幕末尊王攘夷思想の誕生
SEA OF BLOOD 幕末血みどろ事件簿 ほか)
第5章 幕末に英雄はいない(宿命のライバル 勝海舟と小栗忠順
吉田松陰の行動力こそ評価すべきだ ほか)

著者紹介

副島 隆彦 (ソエジマ タカヒコ)  
評論家。副島国家戦略研究所(SNSI)主宰。1953年、福岡県生まれ。早稲田大学法学部卒。外資系銀行員、予備校講師、常葉学園大学教授などを歴任。政治思想、法制度論、経済分析から歴史、社会時事評論など、さまざまな分野で真実を暴く。「日本属国論」とアメリカ政府研究を柱に、日本が採るべき自立の国家戦略を提起、精力的に執筆・講演活動を続けている
青木 ヨシヒト (アオキ ヨシヒト)  
イラストレーター。多摩美術大学絵画科油絵専卒業。書籍カバー、書籍挿絵、キャラクター、人体、墨絵、人物、時代物等を制作。「副島ワールド」に思想劇画としての肉付けを試みる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)