• 本

あの子の発達障害がわかる本 2

ちょっとふしぎ学習障害LDのおともだち

  • 内山登紀夫/監修
出版社名 ミネルヴァ書房
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-623-08501-9
4-623-08501-5
税込価格 2,420円
頁数・縦 94P 26cm
シリーズ名 あの子の発達障害がわかる本

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「計算ができない」「漢字が書けない」学校でよくある場面ごとにやさしく解説。

目次

第1章 なんでこうなるの?どうすればいい?(こはるさんの場合 読むのに時間がかかる
こはるさんの場合 話の中に入れない
こはるさんの場合 じょうずに発表できない
りょうさんの場合 文字を書くのが苦手
りょうさんの場合 ちゃんと聞いてたはずなのに ほか)
第2章 どこがちがうの?学習障害(LD)の子の得意なこと・苦手なこと(学習障害(LD)ってなに?どんな人たちなの?
学習障害(LD)の子は、どんなことが苦手なの?
みんなが楽しくすごせるように、何を手伝ってあげたらいいの?)

著者紹介

内山 登紀夫 (ウチヤマ トキオ)  
精神科医師。専門は児童精神医学。順天堂大学精神科、東京都立梅ヶ丘病院、大妻女子大学人間関係学部教授、福島大学大学院人間発達文化研究科学校臨床心理専攻教授を経て、2016年4月より大正大学心理社会学部臨床心理学科教授。2013年4月より福島県立医科大学会津医療センター特任教授併任。よこはま発達クリニック院長、よこはま発達相談室代表理事。1994年、朝日新聞厚生文化事業団の奨学金を得て米国ノース・カロライナ大学TEACCH部シャーロットTEACCHセンターにて研修。1997〜98年、国際ロータリークラブ田中徳兵衛冠名奨学金を得てThe center for social and communication disorders(現The NAS Lorna Wing Centre for Autism)に留学。Wing and Gouldのもとでアスペルガー症候群の診断・評価の研修を受ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)