• 本

看護過程から理解する看護診断

改訂3版

出版社名 丸善出版
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-621-30368-9
4-621-30368-6
税込価格 2,640円
頁数・縦 181P 26cm
シリーズ名 看護過程から理解する看護診断

商品内容

要旨

「看護診断の概念がよくわからない」「診断名が難しい」「学校であまり教わらなかった」など看護診断に対して苦手意識があったり、看護診断は難しいと感じている方もいるのではないでしょうか?本書では、「看護過程」を理解すれば、「看護診断」は容易にできるようになることが、平易に解説されています。看護過程の理解から看護診断の考え方を学ぶことで、看護診断はスムーズにできるようになるでしょう。看護診断を学んだことのない学生や看護師にとっては、看護診断ができるようになるという点で、すでに看護診断を使っている看護師にとっては、看護診断を行うさいの思考プロセスが確認できるという点で役立つ一冊です。

目次

第1章 看護診断の考え方
第2章 看護過程の確認
第3章 看護診断の理解
第4章 看護診断の実際
付録1 看護診断の自己学習方法
付録2 看護診断における中範囲理論の有用性

著者紹介

滝島 紀子 (タキシマ ノリコ)  
千葉大学教育学部(特別教科看護教員養成課程)卒業。明星大学人文学研究科教育学専攻修了。東京大学医学部附属病院、杏林大学医学部付属看護専門学校、日本赤十字看護大学、東海大学健康科学部看護学科を経て、川崎市立看護短期大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)