• 本

WTF経済 絶望または驚異の未来と我々の選択

出版社名 オライリー・ジャパン
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-87311-859-8
4-87311-859-X
税込価格 2,640円
頁数・縦 553P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

データ、アルゴリズム、巨大プラットフォームが支配する世界で「人間中心の未来」を作り出すのは、我々の選択だ。「シリコンバレーの予言者」と称される著者が、オープンソース・ソフトウェアを中心にしたテクノロジーの発展の歴史を振り返りながら、そこから学んだ次世代ビジネスの戦略を伝授する。エンジニア、起業家、そしてテクノロジーに関わるすべての読者必読の書。

目次

1部 正しい地図を使う(未来をいま見通す
グローバルブレインに向けて ほか)
2部 プラットフォーム思考(ネットワークと企業の性質
約束で考える ほか)
3部 アルゴリズムの支配する世界(魔神の労働力を管理する
「熱い情熱は冷たい理性を蹴倒すのです」 ほか)
4部 未来は私たち次第(ルールを書き直す
スーパーマネー ほか)

著者紹介

オライリー,ティム (オライリー,ティム)   O’Reilly,Tim
オライリー・メディアの創業者兼CEO。インターネット草創期より、その核となる様々なオープンソース・ソフトウェアやプログラミング言語、および関連トレンドについて、常に決定版の解説書・教科書をいち早く刊行し続け、テクノロジー系技術に対する慧眼は他の追随を許さない。またアーリーステージのベンチャー資本企業オライリー・アルファテック・ベンチャーズ(O’Reilly AlphaTech Ventures:OATV)のパートナーでもあり、コード・フォー・アメリカ(Code for America)、メイカー・メディア(Maker Media)、オープンアクセスジャーナルPeerJ、データ活用専門会社Civis Analyticsおよび米国連邦議会と有権者をつなぐWebサービスPopVoxの役員も務めている
山形 浩生 (ヤマガタ ヒロオ)  
東京大学都市工学科修士課程およびMIT不動産センター修士課程修了。途上国開発援助のかたわら、小説、経済、建築、ネット文化など広範な分野での翻訳および雑文書きに手を染める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)