• 本

監獄式ボディビルディング プリズナートレーニング外伝

出版社名 CCCメディアハウス
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-484-19103-4
4-484-19103-2
税込価格 1,320円
頁数・縦 158P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

強いだけじゃない、魅せる筋肉を最凶の自重筋トレで手に入れろッッ!シリーズ10万部突破!元凶人の“コーチ”が伝授するベストセラー、初の外伝!!

目次

1 バーベルなしで筋肉をつくる?ノープロブレム!
2 監獄ボディビルダーになるための十戒
3 “コーチ”ウェイドの自重力ボディビルディング戦略
4 OK、やり方はわかった 次はプログラムを
5 トラブルシューティング 筋肉を成長させるためのFAQ
6 筋力を究める道を行く―体重を増やさずに強くなるための十戒
7 テストステロンをチャージしろ

著者紹介

ウェイド,ポール (ウェイド,ポール)   Wade,Paul
元囚人にして、すべての自重筋トレの源流にあるキャリステニクス研究の第一人者。1979年にサン・クエンティン州立刑務所に収監され、その後の23年間のうちの19年間を、アンゴラ(別名ザ・ファーム)やマリオン(ザ・ヘルホール)など、アメリカでもっともタフな監獄の中で暮らす。監獄でサバイブするため、肉体を極限まで強靱にするキャリステニクスを研究・実践、“コンビクト・コンディショニング・システム”として体系化。監獄内でエントレナドール(スペイン語で“コーチ”を意味する)と呼ばれるまでになる
山田 雅久 (ヤマダ マサヒサ)  
医療ジャーナリスト、翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)