• 本

子どもに教えるときにほんとうに大切なこと

出版社名 キノブックス
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-909689-30-6
4-909689-30-3
税込価格 1,404円
頁数・縦 198P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

37年の教師生活で実践してきた、子どもの「好き」「楽しい」を引きだし考える力を育てるほんの小さな工夫とは?

目次

第1章 「やりたい」を引きだす教え方(子どもの「やりたい」を引きだす小さな仕掛け
「がんばったところ」を言葉にして子どもに返す ほか)
第2章 「まちがい」のまま進める教え方(「なぜ、30分は0.3時間じゃないの?」
まちがいのまま、いったん先を進めてみる ほか)
第3章 「話したい」を育てる教え方(大人と子どもの「共通の入り口」を探す
子どもが話したくなる二つの演出 ほか)
第4章 「わからない」に答える教え方(「なにがわからないのかわからない」という子どもには
「どの問題ならできる?」とたずねてみる ほか)
第5章 「考える力」をのばす教え方(ケーキを五人でどのように分ける?
ケーキの分け方を考えるのは、算数をやっているのと同じ ほか)

おすすめコメント

お子さんが家で勉強するとき、どうしてもうまくコミュニケーションができないという経験はみなさん多少なりともあるのではないでしょうか?筑波大学附属小学校のカリスマ教師が実践してきた、子どもの考える力を育てる教え方を紹介します。

著者紹介

田中 博史 (タナカ ヒロシ)  
1958年、山口県生まれ。筑波大学附属小学校副校長。筑波大学人間学群教育学類講師、学校図書教科書「小学校算数」監修委員。全国算数授業研究会会長。「授業・人」塾代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)