• 本

バッグは、3つあればいい 迷いがなくなる「定数化」

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-04-602459-6
4-04-602459-3
税込価格 1,320円
頁数・縦 127P 21cm

商品内容

目次

1 「定数化」すると家が片づく(ものの数を意識するようになりました
定数を決める前はどうだったか? ほか)
2 「もの」を定数化する(傘は1人1本
シャーペンは用途別に1本ずつ ほか)
3 「服」を定数化する(腹を減らすとお気に入りがやってくる
バッグは3つあればいい ほか)
4 ものを増やさない。無駄を省く(定期的に持ち物を見直す
ペットボトル飲料は買わない ほか)

出版社・メーカーコメント

ものをいくつ持つか決めれば、家は自然に片づきだすあふれるほどのものに囲まれていた頃、私は人生におけるあらゆることに対して腰が重い人間でした。せっかくの休日、何をするにもまずは家事を終えてからでないと自分の時間をもってはいけないと思っていました。けれど、それが億劫で先延ばしにし、何をするでもなくソファで横になり、気づけば夕方、結局何もできないまま1日を終えるということがよくありました。その度に「今日も何もできなかった」という罪悪感を覚えていました。ものを減らして身軽になってから、フットワークが軽くなりました。ものが少なければ片づけも掃除もすぐに終えられるので、さっと家事を終えて、好きなことに取りかかれるようになったのです。だからこそ、この状態をキープしたいと思いました。意識せずに暮らしていると、ものはどんどん増えていきます。そこで登場するのが「定数化」です。数を意識すると、ものが増えるのを防げます。例えば、バッグは用途別に1つずつと決めれば、似たようなものに出会ってときめいたとしても「この用途のバッグはもう既に持っている」と気づけます。湧き上がった物欲を冷静に見直し、物量のリバウントを防ぐために有効なツールが定数化なのです。定数化することで、「あれもこれも持っていない」という飢餓感から解放されます。似たようなものをいくつも買うという無駄もなくなります。数を絞ることで1つ1つにかけられる予算が上がり、買い物に慎重になるので、おのずとお気に入りのものに絞れます。身軽になりたいけれど、何をいくつ持てばいいのだろうかと悩む方や、出かける先々で物欲に振り回されて困っている方、物量のリバウンドに悩む方。この本が、そんな方々にとって少しでも助けになれば幸いです。(「はじめに」より一部抜粋)

著者紹介

おふみ (オフミ)  
夫婦2人暮らし。元々、ものを捨てられないマキシマリストだったが、「身軽になりたい」と思い、夫婦揃って家中のものを減らし、ミニマリストに。その日々を綴ったブログが大人気となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)