• 本

占いをまとう少女たち 雑誌「マイバースデイ」とスピリチュアリティ

青弓社ライブラリー 95

出版社名 青弓社
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-7872-3447-6
4-7872-3447-1
税込価格 1,728円
頁数・縦 211P 19cm

商品内容

要旨

占いはなぜ女性を引き付けるのか?雑誌「マイバースデイ」の変遷と社会的・文化的な背景を重ね合わせて読み解き、一九八〇年代から二〇〇〇年代の少女と占いの関係性を浮き彫りにする。

目次

序章 雑誌「マイバースデイ」とその時代
第1章 現代社会での宗教の位置とその変遷―ピーター・L.バーガーの議論を手がかりに
第2章 「マイバースデイ」の「占い/おまじない」
第3章 「マイバースデイ」における「手作り」と少女
第4章 一九九〇年代「マイバースデイ」の「占い/おまじない」
第5章 “知識”としての「占い/おまじない」の共有と少女―読者投稿欄「ハローバースデイ」の分析から
第6章 女性と「占い/おまじない」―鏡リュウジと女性誌を事例として
終章 「占い/おまじない」と少女がつむぐ「世界」、そのゆくえ

著者紹介

橋迫 瑞穂 (ハシサコ ミズホ)  
1979年、大分県生まれ。立教大学大学院社会学研究科社会学専攻博士課程後期課程修了。立教大学・大正大学非常勤講師。専攻は宗教社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)