• 本

チェ・ゲバラとキューバ革命

出版社名 えにし書房
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-908073-52-6
4-908073-52-X
税込価格 4,290円
頁数・縦 693P 21cm

商品内容

要旨

ありったけの革命的情熱をこめて君を抱擁する…かつてジョン・レノンが「あのころ世界で一番カッコいいのがエルネスト・チェ・ゲバラだった」と語った革命家の生涯を郵便資料を駆使して丹念にたどり、現代史、冷戦史の中に新たなゲバラ像を浮かび上がらせる異色の本格評伝。

目次

フィデルの登場
エルネストから“チェ”へ
グランマ号の革命
農業改革とキューバ親善使節団
プラヤ・ヒロン
サルサはノー
ミサイル危機
国連総会での演説
別れの手紙
ここにいるべき人物がいない。それはチェだ。
俺はただの男にすぎない。撃て!
「英雄的ゲリラ」の半世紀

著者紹介

内藤 陽介 (ナイトウ ヨウスケ)  
1967年東京都生まれ。東京大学文学部卒業。郵便学者。日本文芸家協会会員。株式会社フジホールディングス(旧称:フジインターナショナルミント株式会社)顧問。切手等の郵便資料から国家や地域のあり方を読み解く「郵便学」を提唱し、研究・著作活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)