• 本

おっさんたちの黄昏商店街

出版社名 潮出版社
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-267-02167-1
4-267-02167-8
税込価格 1,760円
頁数・縦 351P 20cm

商品内容

要旨

自らの過ちで娘を死なせた裕三は、二十数年の間、苦悩の底にいた。いまや絶滅危惧種ともいえる謎のおっさん源次は、生死の狭間でもがいていた。そして、高校生だけど昭和が大好きな翔太と幼馴染みの桐子。翔太は、レコード店の七海に恋をするが…。それぞれが自らの弱さと向き合いながら、支え合い、真っ直ぐに生きる「昭和黄昏商店街」の仲間たち。その絆は、町おこしを通じて深まり輝いていく―。“昭和”が大好きなおっさんたちに、レトロな男子と奔放な女子高生が加わって、町おこしが始まった。ザ・昭和な「映画館」「角打ち酒場」「歌声喫茶」などを舞台に綴られる、恋と人情の連作集。笑いと涙溢れる七編。

著者紹介

池永 陽 (イケナガ ヨウ)  
1950年愛知県豊橋市生まれ。1998年、『走るジイサン』で第11回小説すばる新人賞を受賞。2006年、時代小説『雲を斬る』で第12回中山義秀文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)