• 本

傲慢と善良

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-02-251595-7
4-02-251595-3
税込価格 1,728円
頁数・縦 414P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 傲慢と善良

    お話は突然に姿が消えた婚約者を探し求める話。辻村深月に惹かれるいわゆる作家買いでこの本を手に取る人にとっては、意外性が大きいだろう。辻村深月は恋愛小説という手法を使って、人間を深くえぐりとった。直木賞「鍵のない夢を見る」、そして本屋大賞「かがみの孤城」のインパクトは圧倒的。本作品はそれとは真逆ともいうべき作風に、作家生活15周年の節目を踏んだ著者の大いなる意気込みと新境地へのチャレンジを感じずにはいられない。

    (2019年5月5日)

商品内容

要旨

婚約者が忽然と姿を消した。その居場所を探すため、西澤架は、彼女の「過去」と向き合うことになる―。作家生活15周年&朝日新聞出版10周年記念作品。圧倒的な“恋愛”小説。

おすすめコメント

婚約者・坂庭真実が忽然と姿を消した。その居場所を探すため、西澤架は、彼女の「過去」と向き合うことになる。生きていく痛みと苦しさ。その先にあるはずの幸せ──。2018年本屋大賞『かがみの孤城』の著者が贈る、圧倒的な”恋愛”小説。

著者紹介

辻村 深月 (ツジムラ ミズキ)  
1980年2月29日生まれ。千葉大学教育学部卒業。2004年に『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞し、デビュー。2011年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞、2012年『鍵のない夢を見る』で第147回直木賞、2018年『かがみの孤城』で第15回本屋大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)