• 本

純血種という病 商品化される犬とペット産業の暗い歴史

出版社名 白揚社
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-8269-9061-5
4-8269-9061-8
税込価格 2,808円
頁数・縦 365P 20cm

商品内容

要旨

ケネルクラブ、ドッグショー、ブリーダーによる犬のブランド化のおかげで、多くの「純血種」が遺伝性障害に苦しんでいる。私たちは「人類最良の友」にいったい何をしてきたのか?人間の強欲と犬の受難を描いた壮絶な「純血種」の歴史と真実。

目次

第1章 イギリスの古き良き伝統
第2章 純血種への行き過ぎた信仰
第3章 犬による社会的地位の証明
第4章 優生学と犬と人間
第5章 見世物にされた犬たち
第6章 ミダス王の手
第7章 売買される貴族の地位
第8章 猟犬たち
第9章 ラブラドール・レトリーバーの帰還
おわりに―フランケンシュタイン博士の研究室、あるいは城で暮らすための代償