• 本

死にがいを求めて生きているの

出版社名 中央公論新社
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-12-005171-5
4-12-005171-4
税込価格 1,728円
頁数・縦 473P 20cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

植物状態のまま病院で眠る智也と、献身的に見守る雄介。二人の間に横たわる“歪な真実”とは?毎日の繰り返しに倦んだ看護師、クラスで浮かないよう立ち回る転校生、注目を浴びようともがく大学生、時代に取り残された中年ディレクター。交わるはずのない点と点が、智也と雄介をなぞる線になるとき、目隠しをされた“平成”という時代の闇が露わになる―“平成”を生きる若者たちが背負う自滅と祈りの物語。

おすすめコメント

植物状態のまま眠る青年と見守る友人。美しい繋がりに見える二人の歪な真実≠ニは? 平坦で争いのない「平成」の日常を、朝井リョウが現代の闇と祈りを込めて描く傑作長篇。

著者紹介

朝井 リョウ (アサイ リョウ)  
1989年岐阜県生まれ。2009年『桐島・部活やめるってよ』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。11年『チア男子!!』で高校生が選ぶ天竜文学賞、13年『何者』で直木賞、『世界地図の下書き』で坪田譲治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)