• 本

心底惚れた 樹木希林の異性懇談

出版社名 中央公論新社
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-12-005173-9
4-12-005173-0
税込価格 1,296円
頁数・縦 253P 19cm

商品内容

要旨

「もう絶対あれとは対談するな」各界大スターたちをたじろがせた、度肝を抜かれる言葉のジャブ。金言・名言にはおさまりきらない、「ありのまま」「自然体」の原点がここにある!樹木希林33歳、伝説の対談。

目次

渥美清―女もつらいネ
中村勘九郎―はたちの恋
草野心平―生きるスタイル
萩本欽一―結婚ドンといけないわけ
田淵幸一―女の振り回し方
金原亭馬生―下町風娘の躾け方
つかこうへい―企みに賭ける劇作家
山城新伍―妻に惚れてる男の中身
いかりや長介―四十男の大問題
山田重雄―バレー監督の女性操縦法
米倉斉加年―妻と夫の危険な関係
荒畑寒村―三人の妻の思い出

おすすめコメント

1976年、『婦人公論』で1年間続けられた樹木希林唯一の連続対談「異性懇談」。ゲストの渥美清、中村勘三郎、いかりや長介、つかこうへいらから際どい話を引き出す手腕は感歎するほかない。対談それぞれの末尾に付された本人の「一言」欄における洞察も深く、凄い。まさに、解説の武田砂鉄氏が言うように「樹木希林は30代で完成されていた」のだ!

著者紹介

樹木 希林 (キキ キリン)  
女優。1943(昭和18)年1月15日東京生まれ。女優活動当初の名義は悠木千帆、77年に樹木希林と改名。61年文学座附属演劇研究所に入所、『時間ですよ』『寺内貫太郎一家』『ムー』などの演技で人気女優に。出演映画多数。2008年に紫綬褒章、14年に旭日小綬章を受章。61歳で乳がんにかかり、70歳の時に全身がんであることを公表した。夫はロックミュージシャンの内田裕也。18年9月15日逝去、享年75(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)