• 本

バクトリア王国の興亡 ヘレニズムと仏教の交流の原点

ちくま学芸文庫 マ23−2

出版社名 筑摩書房
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-480-09902-0
4-480-09902-6
税込価格 1,320円
頁数・縦 332P 15cm

商品内容

要旨

「東の中国文明よりすれば西辺、南のインド文明よりすれば北辺、西のイラン文明よりすれば東辺、それぞれの大文明の辺境にありながら、地理的にはアジアの臍に位置する…この多極性が、バクトリアの歴史に不思議な彩りの深さを与えている」。ゾロアスターが生まれた地ともされ、後にはアレクサンドロスが侵攻した中央アジアの要衝地。古代ギリシア人の語った「大いなるバクトリア」は、近年のアフガニスタンの遺跡調査により「物語」(ストーリイ)から「歴史」(ヒストリイ)へとその姿を変えつつある。さまざまな史料から失われた歴史の一こまを蘇らせる唯一無二の概説書。

目次

夜明け
ダレイオスの影
アケメネス・バクトリア
アレクサンドロス・アナバシス
バクトリアの星
インドをのぞむ
アレクサンドロスの後継者たち
混血の王
独立への模索
イラン・ルネッサンス
帝王の譜
両世界の王
遊牧の民のどよめき
夕暮れ
蘇るバクトリア

著者紹介

前田 耕作 (マエダ コウサク)  
1933年生まれ。名古屋大学文学部卒。アフガニスタン文化研究所所長。東京藝術大学・帝京大学客員教授。2003年以来、爆破されたアフガニスタンのバーミヤン遺跡の保存・修復の事業にたずさわっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)