• 本

進化する形 進化発生学入門

講談社現代新書 2517

出版社名 講談社
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-06-515112-9
4-06-515112-0
税込価格 1,100円
頁数・縦 350P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

なぜ世界にはこれほどさまざまな生物がいるのだろう。進化と発生の実相には、複雑系と同じ問題が潜んでいる。いま成立しているパターンが原動力となり、次のパターンを呼び込む。現在の状態がきっかけとなり、次の段階を導き出す。一見、初期状態からでは結果がまったく予想できないように見え、それでいて、このダイナミズムとその結果をコードしたゲノムがある。この一見矛盾した複雑な現象の背後にある法則とは何か。動物の「形」進化の謎を解明する。

目次

第1章 原型論的形態学の限界
第2章 形態学的相同性
第3章 分類体系をなぞる胚
第4章 進化を繰り返す胚
第5章 反復を越えて
第6章 進化するボディプラン:アロモルフォーゼ
終章 試論と展望

おすすめコメント

生物進化メカニズムの鍵はゲノムにあった。現代科学の最もホットな分野の1つ、進化発生学の世界を最先端の研究者がわかりやすく解説。

著者紹介

倉谷 滋 (クラタニ シゲル)  
1958年大阪府生まれ。京都大学大学院博士課程修了、理学博士。1985年から88年まで琉球大学医学部解剖学教室の助手を務める。米国ジョージア医科大学、ベイラー医科大学への留学の後、熊本大学医学部助教授、岡山大学理学部教授を経て、現在、国立研究開発法人理化学研究所主任研究員。専門は脊椎動物の進化形態学、ならびに進化発生学で、頭部の形態進化、筋骨格系の進化を主なテーマとする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)