• 本

東京笑芸ざんまい わたしの芸能さんぽ

出版社名 講談社
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-06-514437-4
4-06-514437-X
税込価格 1,566円
頁数・縦 308P 18cm

商品内容

要旨

高田文夫の笑芸シリーズ三部作完結篇!全部、見たこと、出会った人。東京発、全国区の大衆芸能ヒストリーがAllまるわかり!

目次

ビッグ3、その前にいたスモール3
渋谷生まれの“新宿育ち”
トランジスタラジオ・バー
ノー・スモーキンブギ
あだ名のエースが出てこない
ピコ太郎でどーもすいません
兄弟仁義は兄弟船で
芸名列伝・君の名は?
「3」を集めて「3」三昧
姉と娘とアンツルと
まさかの“坂”は気をつけろ
ビートたけしコマネチワードBEST20
横を向いて歩こう。いち・にの・さんぽ会
帰ってきた「談笑亭日常」
オールナイト文春を検証する
忘年会はしご散歩を検証する
スキャンダルがハッカク理事長?
今月のプッシュ本
コンビに油揚げ…
ふたりでお歌を
天下の日大事
一九八九年のたけし ビートから北野へ
日本人の(歌に出てくる)名前
笑芸人の本棚

出版社・メーカーコメント

高田文夫の笑芸シリーズ三部作、完結篇!芸に生きる人間たちを間近で見てきた”生き字引”高田文夫が、エンタメ界のあれやこれやを、洒脱な筆致で書き記した珠玉のエッセイ。お笑い界の歴史街道を、あっちへ行ったり、こっちへ行ったり寄り道しながら、てくてく自由気ままにさんぽします。その道中は、懐かしさ満点のあの芸人がいたり、芸人たちの知られざる素顔が見えたり。この一冊で、東京発全国区の大衆芸能ヒストリーがオールまるわかり!?Fumio Takada 2019

著者紹介

高田 文夫 (タカダ フミオ)  
1948年、東京都渋谷区生まれ。日本大学藝術学部放送学科卒業。放送作家の塚田茂に弟子入り。1973年、『ひらけ!ポンキッキ』で放送作家デビュー。数多くの番組に携わり、構成だけでなく出演もした『ビートたけしのオールナイトニッポン』は社会現象にもなった。1983年、立川談志の落語立川流Bコースに入門し、1988年に立川藤志楼として真打昇進。その翌年から始まった『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』は、現在も続く人気番組となっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)