• 本

季節のお漬けもの 少量でもおいしい体にやさしい

出版社名 家の光協会
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-259-56610-4
4-259-56610-5
税込価格 1,540円
頁数・縦 111P 26cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

浅漬け、定番、薬膳まで、塩分控えめ、砂糖不使用の112レシピ。

目次

1 季節のお漬けもの(春

秋 ほか)
2 定番のお漬けもの(ぬか漬け
梅干し
らっきょう漬け ほか)
3 薬膳のお漬けもの(血のめぐりをよくする
貧血を予防する
便利を解消する ほか)

おすすめコメント

第1章 季節のお漬けもの【春】 キャベツの塩漬け/菜の花の昆布じめ/アスパラガスの塩?漬け/ふきの酒麹漬け/ふきのとうのみそ漬け ほか【夏】きゅうりの南蛮漬け/なすのからし漬け/ゴーヤーのだししょうゆ漬け/トマトのオリーブオイル漬け/パプリカの塩漬け【秋】れんこんの南蛮漬け/きのこの塩漬け/かぼちゃのみそ漬け/長いものしょうゆ漬け/長いもの柚子こしょう漬け ほか【冬】大根の柚子漬け/なます/カクテキ/白菜のキムチ漬け/ラディッシュの塩レモン漬け/かぶのわさびレモン漬け ほか 第2章 定番のお漬けもの梅干し/ぬか漬け/たくあん/らっきょう塩漬け/柴漬け ほか 第3章 体にいいお漬けもの菜の花×玉ねぎ/なす×みょうが/にんじん×アーモンド/ごぼう×ごま/山いも×枝豆/れんこん×パセリ ほか

著者紹介

山田 奈美 (ヤマダ ナミ)  
「食べごと研究所」主宰。「東京薬膳研究所」の武鈴子氏に師事。東洋医学や薬膳理論、食養生について学ぶ。雑誌やWEBなどで発酵食や薬膳レシピの提案や解説を行うほか、神奈川県・葉山の自宅「古家1681」にて、「和の薬膳教室」「発酵教室」などを開催。日本の食文化を継承する活動を行っている。「発酵教室」ではぬか漬け、梅干し、たくあんなどのお漬けものの作り方も取り上げ、幅広い世代に人気(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)