• 本

事大主義 日本・朝鮮・沖縄の「自虐と侮蔑」

中公新書 2535

出版社名 中央公論新社
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-12-102535-7
4-12-102535-0
税込価格 902円
頁数・縦 212P 18cm

商品内容

要旨

事大主義とは、強者に追随して保身を図る態度である。国民性や民族性を示す言葉として、日本や朝鮮、沖縄で使われてきた。本書は、福沢諭吉、陸奥宗光、柳田国男、朴正煕、金日成、司馬遼太郎などの政治家や知識人を事大主義の観点で論じ、時代の変遷を描く。日本への「島国根性」という批判や、沖縄への差別意識はどこに由来するのか。韓国と北朝鮮の相剋の背景は何か。自虐と侮蔑が交錯した東アジアの歴史が浮き彫りに。

目次

序章 「事大主義」という見方
第1章 「国民」の誕生と他者表象
第2章 反転する「事大主義」―他者喪失によるベクトルの内向
第3章 沖縄「事大主義」言説を追う―「島国」をめぐる認識の相克
第4章 戦後日本の超克対象として―「事大主義」イメージの再生
第5章 朝鮮半島への「輸出」―南北対立の中の事大主義言説
終章 “鏡”としての近現代東アジア

おすすめコメント

事大とは、通例「小が大に事(つか)えること」を指す。この言葉は、時に朝鮮を侮蔑する際に使われ、また時には日本人の悪しき特性を表すものとして語られてきた。福沢諭吉、陸奥宗光、柳田国男、朴正煕、金日成なども使用している。本書は、この多面的な言葉を通し、近現代の日本、朝鮮半島、そして沖縄という東アジアの複雑な関係を描く。そこからは、しばしば語られる日本人の島国根性や差別意識、韓国と北朝鮮で繰り返されるイデオロギー闘争の背景などが照らし出されるだろう。

著者紹介

室井 康成 (ムロイ コウセイ)  
1976年、東京都世田谷区生まれ。99年、国学院大学文学部文学科卒業。2009年、総合研究大学院大学文化科学研究科博士課程修了。博士(文学)。蔚山大学校人文学部日本語日本学科講師、千葉大学地域観光創造センター特任教員を経て、2014年まで東京大学東洋文化研究所特任研究員。専攻は民俗学、近現代東アジアの思想と文化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)