• 本

陰キャラな俺とイチャつきたいってマジかよ…… 3

富士見ファンタジア文庫 さ−7−3−3

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-04-073107-0
4-04-073107-7
税込価格 737円
頁数・縦 317P 15cm
シリーズ名 陰キャラな俺とイチャつきたいってマジかよ……

商品内容

要旨

春日陽奈が、俺の、その…彼女になって数ヶ月、陰キャにとっての恐怖の大王・文化祭が襲来した。ウチのクラスは演劇か。よし、九条静紀はクールに去るぜ「王子様の役は静紀くんがいいと思います」おい春日、何言い出すんだ!陰キャをめざすなら、文化祭ソロプレイくらいしてみせ「このお化け屋敷すごい!一人なのに腕を組んだ感触がする」秒で俺を掴んできた!?結局陽キャ全開な春日に振り回されていると―「―秋月咲夜は、九条くんのことを愛しています」…陰キャ仲間・秋月から告白を受けた。え〜と、一応俺、彼女…的な子は…いるんですが(陽キャだけど)。

おすすめコメント

陰キャに文化祭をエンジョイさせる……だと!? 正気か?文化祭――陽キャが盛る一大行事。もちろん静かにやり過ごしたい俺だったが……なぜ劇の主役に選ばれた? なぜ来場者数増加のために協力を? なぜ秋月に告白された? おい春日、一体どうなってんだ!?

著者紹介

佐倉 唄 (サクラ ウタ)  
第27回ファンタジア大賞にて『ノーパンツ・チラリズム』で銀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)