• 本

現代日本の市民社会 サードセクター調査による実証分析

出版社名 法律文化社
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-589-03991-0
4-589-03991-5
税込価格 4,510円
頁数・縦 276P 22cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

日本の市民社会の実態分析
第1部 サードセクター調査でみる市民社会の実態(サードセクター組織の基本属性
サードセクター組織の人的資源
サードセクター組織の財務状況 ほか)
第2部 市民社会と政治・行政の相互作用(2つの制度改革は非営利社団法人をどう変えたか
「主務官庁制下の非営利法人」の課題―職業訓練法人と更生保護法人
政府への財政的依存とサードセクター組織のアドボカシー)
第3部 市民社会が直面する困難(サードセクター組織のビジネスライク化と雇用
非営利組織の財源とミッション・ドリフト
協同組合の現状と課題―ビジビリティとアイデンティティを高めるために ほか)
現代日本の市民社会の課題と展望―セクター形成の視点から

著者紹介

後 房雄 (ウシロ フサオ)  
名古屋大学大学院法学研究科教授、政治学/行政学/サードセクター論
坂本 治也 (サカモト ハルヤ)  
関西大学法学部教授、博士(法学)、政治過程論/市民社会論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)