• 本

神霊の国日本 封印された日本史

出版社名 秀和システム
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-7980-5748-4
4-7980-5748-7
税込価格 1,512円
頁数・縦 222P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

教科書では知ることのできない「逆説の日本史」。その原点。

目次

第1章 日本人と神と霊(英雄と「神」信仰
怨霊神をまつる二つの「宮」の謎
古代の「超能力者」
神将となった「超英雄」
現人神をいただく不滅の「神国」)
第2章 日本人と独裁者(「独裁者」は嫌われる
天下統一への序曲
天下統一への間奏曲
天下収奪への狂騒曲
「主君」殺しへの迷曲)
第3章 日本人と英雄と名将(「名将」の条件
「名将」徳川家康の脱出劇
悲劇を背負った「名将」伊達政宗
不肖の「三代目」織田信雄・信孝の悲運
名将になり損なった「梟雄」松永秀久)

著者紹介

井沢 元彦 (イザワ モトヒコ)  
1954年2月1日、名古屋市生まれ。早稲田大学法学部卒。TBS入社後、報道局(政治部)記者時代に『猿丸幻視行』で第26回江戸川乱歩賞を受賞(26歳)。31歳で退社し、以後、執筆活動に専念。独自の歴史観で歴史推理・ノンフィクション分野で活躍。多くのテレビ番組に出演、積極的な講演活動を行なっている。2009年4月から大正大学表現学部・種智院大学人文学部で客員教授を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)