• 本

公認心理師分野別テキスト 4

司法・犯罪分野 理論と支援の展開

出版社名 創元社
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-422-11694-5
4-422-11694-0
税込価格 2,640円
頁数・縦 144P 21cm
シリーズ名 公認心理師分野別テキスト

商品内容

要旨

公認心理師カリキュラムに準拠。公認心理師の活躍が期待される主要な現場であり、資格取得に必要な科目に定められている5つの分野を徹底ガイド。公認心理師養成に携わる研究者や第一線の実践家が各分野の関係法規・制度や機関・施設、課題、そして多職種連携の中での公認心理師の業務について丁寧に解説する。公認心理師の活動を具体的にイメージできる、現場に出てからも役に立つ実践的テキスト。

目次

公認心理師とは
第1部 理論の展開(司法・犯罪分野の概要
司法・犯罪分野の業務)
第2部 支援の展開(司法・犯罪分野の実践―事例スーパービジョン
司法・犯罪分野の現場―こんなときどうする?Q&A)
司法・犯罪分野で学ぶこと・学び方

おすすめコメント

公認心理師カリキュラムに準拠したテキストシリーズ。公認心理師の活躍が期待される主要な現場であり、資格取得に必要な科目に定められている5つの分野を徹底ガイド。公認心理師養成に携わる研究者や第一線の実践家など総勢96人が各分野の関係法規・制度や機関・施設、課題、そして多職種連携の中での公認心理師の業務を丁寧に解説する。公認心理師の活動を具体的にイメージできる、現場に出てからも役に立つ実践的テキスト。

著者紹介

野島 一彦 (ノジマ カズヒコ)  
1947年、熊本県生まれ。跡見学園女子大学心理学部長・教授、九州大学名誉教授。博士(教育心理学)、臨床心理士。九州大学大学院教育学研究科博士課程単位取得後退学。福岡大学人文学部教授、九州大学大学院人間環境学研究院教授などを経て現職。著書多数
生島 浩 (ショウジマ ヒロシ)  
1956年、東京都生まれ。福島大学大学院人間発達文化研究科教授。博士(文学)、臨床心理士、公認心理師(登録申請中)。一橋大学社会学部卒業、筑波大学大学院修士課程教育研究科カウンセリング専攻修了、東北大学大学院文学研究科人間科学専攻博士課程において学位取得。法務省東京保護観察所保護観察官、法務総合研究所研究部室長研究官などを経て現職。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)