• 本

「みんなの学校」をつくるために 特別支援教育を問い直す

出版社名 小学館
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-09-840197-0
4-09-840197-5
税込価格 1,650円
頁数・縦 192P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

全ての子どもが安心して学べる「空気」をどうつくるのか―?その答えについて考え続けるための一冊。東京大学教育学部「特別支援教育総論」サブテキスト。

目次

序章 本書が目指す学び
第1章 木村泰子によるオープニング・ワークショップ 「みんなの学校」における「支援」とは
第2章 インクルーシブ教育って何だろう
第3章 合理的配慮って何だろう―特別支援学校の視点×「みんなの学校」の視点
第4章 インクルーシブな社会をどう実現するか
第5章 木村泰子によるクロージング・ワークショップ 「みんなの学校」の全体目標をつくろう

出版社・メーカーコメント

インクルーシブ教育はどこへ向かうべきか?映画「みんなの学校」で有名な大阪市立大空小学校と東京大学のコラボにより、2018年度、のべ4日間にわたって、「特別支援教育を問い直し、今後の公教育の形を考える」ワークショップが開催されました。木村泰子、小国喜弘、星加良司、川上康則、川村敏明、前川喜平ら錚々たる講師陣の講義を受け、参加した全国各地の現役教員(大空小の現役教員を含む)らが白熱した議論を展開。まさに主体的・対話的で深い学びを体現していくその過程をリアルかつエキサイティングに記録したのが本書です。全ての子どもたちが安心して学べる「空気」をどうつくるのか? その答えについて考え続けたい人にとって、必読の一冊になりました。平成31年度から、必修科目「特別支援教育総論」のテキストとして、東京大学教育学部での正式採用が決定しています。

著者紹介

木村 泰子 (キムラ ヤスコ)  
大阪府生まれ。2006年に開校した大阪市立大空小学校の初代校長を務める。すべての子どもの学習権を保障する学校をつくることに尽力した。2015年、45年の教員生活を終え、現在は講演活動で全国各地を飛び回っている
小国 喜弘 (コクニ ヨシヒロ)  
1966年兵庫県生まれ。早稲田大学教授等を経て、東京大学大学院教育学研究科教授。大空小学校の実践研究を行い、インクルーシブ教育の新たな可能性を模索している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)