• 本

地図男

角川文庫 し56−3

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-04-108246-1
4-04-108246-3
税込価格 616円
頁数・縦 157P 15cm

商品内容

要旨

仕事で移動中の“俺”は、大判の関東地域地図帖を脇に抱えた奇妙な漂浪者に遭遇する。地図帖にはびっしりと、男の紡ぎだした土地ごとの物語が書きこまれていた。千葉県北部を旅する天才幼児、東京23区の区章をめぐる闘い、奥多摩で運命に翻弄される少年少女の軌跡―数々の物語に没入した“俺”は、それらに秘められた謎の真相に迫っていく。『宝島』で第160回直木賞を受けた俊英の、才気溢れるデビュー作。

おすすめコメント

「新たな小説的才能の出現」(奥泉光)と評された新直木賞作家のデビュー作第160回直木賞を『宝島』で受賞した真藤順丈のデビュー作。地図帖に物語を書き込む漂浪者・地図男は、誰に、何を語ろうとしているのか?第3回ダ・ヴィンチ文学賞大賞受賞作。

著者紹介

真藤 順丈 (シンドウ ジュンジョウ)  
1977年東京都生まれ。2008年『地図男』で第3回ダ・ヴィンチ文学賞大賞を受賞してデビュー。他に『庵堂三兄弟の聖職』で第15回日本ホラー小説大賞など、それぞれ別の作品で新人賞を4つ受賞する快挙を果たして注目を集める。2018年刊行の『宝島』では、第9回山田風太郎賞と第160回直木三十五賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)