• 本

妖 庵夜話 〔7〕

誰が麒麟を鳴かせるか

角川ホラー文庫 え3−7

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-04-107856-3
4-04-107856-3
税込価格 734円
頁数・縦 346P 15cm
シリーズ名 妖 庵夜話

商品内容

要旨

ヒトと僅かに異なる存在、妖人。SNSで妖人差別発言を繰り返していた男が殺された。遺体には、刃物で刻まれた謎のメッセージ。刑事の脇坂は、被害者と関わりのあった妖人団体を訪ね、沖縄へ飛ぶ。捜査線上に浮かんだ宗教法人では、17歳の美少女が“麒麟”として崇拝を受けていた。けれど洗足伊織は、妖人・麒麟の存在をきっぱり否定、彼女が洗脳されている可能性を示唆し…。クライマックス直前!大人気、妖人探偵小説第7弾。

おすすめコメント

榎田ユウリ×中村明日美子が送る最強あやかし探偵小説、待望の最新刊!都内で起こった偽装自殺殺人事件。被害者は不可解なメッセージを体に刻み息絶えていた。やがて妖人の宗教団体「麒麟の光」が捜査線上に浮かび、休暇で沖縄に滞在していた妖人茶道家の伊織も協力を頼まれ…。

著者紹介

榎田 ユウリ (エダ ユウリ)  
東京都出身。榎田尤利名義でも著作多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)