• 本

ホーンテッド・キャンパス 〔15〕

秋の猫は緋の色

角川ホラー文庫 く5−15

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-04-107857-0
4-04-107857-1
税込価格 704円
頁数・縦 302P 15cm
シリーズ名 ホーンテッド・キャンパス

商品内容

要旨

大学祭前。キャンパス内は浮かれた空気だが、オカルト研究会には相変わらず恐怖の依頼が。「彼女の体の痣が、人面瘡になってしゃべり出した」―ほか、頻発する放火現場に現れる猫と、「猫の幽霊が出る喫茶店」の噂が紡ぐ物語や、未解決の女性連続殺人事件にまつわる身の毛もよだつ怪談など、ハイクオリティな怖い話が満載!そして森司とこよみのじれったい両片想いの行方は…。青春オカルトミステリ、期待しかない第15弾!

おすすめコメント

猫の幽霊! 人面瘡! 未解決殺人事件! ゾクゾクきゅんきゅんの最新刊!学園祭間近の大学。しかし放火事件が頻発し、現場には必ず、鉢割れの黒猫の幽霊がいるという噂が。折しも泉水の後輩がその猫の飼い主であり、「猫の幽霊がいる喫茶店」を探していると言いだして…。

著者紹介

櫛木 理宇 (クシキ リウ)  
1972年新潟県生まれ。2012年『ホーンテッド・キャンパス』で第19回日本ホラー小説大賞・読者賞を受賞。同年、「赤と白」で第25回小説すばる新人賞を受賞し、二冠を達成(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)