• 本

波紋と螺旋とフィボナッチ

角川ソフィア文庫 K132−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-04-400459-0
4-04-400459-5
税込価格 1,037円
頁数・縦 300P 15cm

商品内容

要旨

シマウマやキリンの模様、貝のうずまき形状、ひまわりに見られるらせん―自然界に存在するパターンは、どれも無関係に思える。しかし、フィボナッチ数や黄金角など、数理のめがねを通してみれば、驚きの「単純な法則」が見えてくる!理論生物学の第一人者が図版や写真を駆使しながら、カメの甲羅につっこみ、アメーバの動きを賛嘆しつつ、やさしくおかしく解説。宇宙の原理の一端にふれた気分になる楽しい科学読みもの。

目次

第1章 育てよカメ、でもどうやって!?
第2章 白亜紀からの挑戦状
第3章 シマウマがシマシマを持つ理由
第4章 シマウマがシマシマを持つ理由 解決編
第5章 吾輩はキリンである 模様はひび割れている
第6章 反応拡散的合コン必勝法
第7章 アメーバはらせん階段を上ってナメクジに進化する?
第8章 すべての植物をフィボナッチの呪いから救い出す
第9章 生命科学でインディ・ジョーンズしよう!宝の地図編
第10章 生命科学でインディ・ジョーンズしよう!お宝への旅編

おすすめコメント

シマウマの縞や巻き貝の形……生き物の形の神秘を数理のめがねで読み解く!カメの甲羅の成長、シマウマの縞模様、ヒマワリや巻き貝などにいたるところで見られるフィボナッチ数……生き物の形には数理がひそんでいた! 発生学が専門の生物学者が不思議な関係をやさしく楽しく紹介。

著者紹介

近藤 滋 (コンドウ シゲル)  
1959年、東京都生まれ。東京大学理学部卒業、京都大学大学院医学研究科博士課程修了。博士(医科学)。理化学研究所、名古屋大学教授などを経て、2009年より大阪大学大学院生命機能研究科教授。専門は発生学。1997年ベックマン奨励賞受賞、2012年ナイスステップな研究者に選出。日本分子生物学会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)