• 本

病理医ヤンデルのおおまじめなひとりごと 常識をくつがえす“病院・医者・医療”のリアルな話

出版社名 大和書房
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-479-39319-1
4-479-39319-6
税込価格 1,650円
頁数・縦 253P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

現役病理医による“病気になるのが不安”“病院に行くのは苦手”…なすべての人に贈る医療エッセイ。病気になったときに焦らない、知っておきたい病院や医療のこと。

目次

序章 病院とは…なんだか冷たくてこわいところ?(病院とは、早く帰りたい患者と、帰りたくない医者でできているところ―「ゆるくておもしろい医療エッセイ」の依頼がきた
世間の「労働の論理」から離れた場所なのかもしれない―感者の幸福という正解がないものとどう向き合うか? ほか)
第1章 “病院”のホント(医療ドラマとリアルの違い、とは?
「病院での常識」but「病院外での非常識」 ほか)
第2章 “医者”のホント(大学病院と町のお医者さん
医者の世界は旧態依然? ほか)
第3章 “病気になる”のホント―医療シアターへようこそ(病気になるとはどういうことか?―医療シアターの開幕ベル
みんなが気になる「がん」とは、どんな病気なんだろう?―悪役たちがステージに立つ ほか)
第4章 “医者と患者”のホント―Yの医劇(医者と患者と、知るということ―ケミストリーとリテラシー
病気の種類よりも、大きなルールを知ろう―プロフィールより、シアターのムード ほか)

著者紹介

市原 真 (イチハラ シン)  
1978年生まれ。2003年北海道大学医学部卒、国立がんセンター中央病院(現国立がん研究センター中央病院)研修後、札幌厚生病院病理診断科へ(現、同科医長)。医学博士。病理専門医・研修指導医、臨床検査管理医、細胞診専門医。日本病理学会学術評議員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)