• 本

ASKA書きおろし詩集

出版社名 双葉社
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-575-31443-4
4-575-31443-9
税込価格 1,540円
頁数・縦 233P 19cm

商品内容

要旨

音楽の未来、友へのメッセージ、ステージ後の光景、極私的な郷愁、風の調べ、日々の感慨…本人が自身の手で綴った!“詩歌の才人”ASKAが贈る35年ぶりの詩集。

目次

1(詩人
三角形のバラッド ほか)
2(東京
見えない海 ほか)
3(春日原駅
ありがとうさようなら ほか)
4(君の声
感じること ほか)
5(このいつでもない晴れた日に
ファミリーボウル ほか)

おすすめコメント

「SAY YES」「YAH YAH YAH」「はじまりはいつも雨」と、数多のヒット曲を生み出してきたASKAが新たな境地を開く一冊。書きおろしの詩55篇で、希代のアーティストの真髄に触れることができる。濃密な郷愁、創作の秘密、燃え盛る苦悩、音楽の未来。一片の言葉から広がる世界には、読む人のすべてを変える力が宿っている。

著者紹介

ASKA (ASKA)  
1958年、福岡県生まれ。79年にCHAGE and ASKAとして「ひとり咲き」でデビュー。数々のミリオンヒット曲を世に送り出す。音楽家として多数楽曲提供も行う傍ら、ソロ活動も並行。17年1月に自主レーベル「DADA label」を立ち上げ、国内外で活動を行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)