• 本

村田修一男の引き際

出版社名 双葉社
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-575-31436-6
4-575-31436-6
税込価格 1,540円
頁数・縦 255P 19cm

商品内容

要旨

栄光の背番号25、まさかの戦力外通告、家族の涙、そして引退を決意するまで…密着1825日、カメラは男とその家族を追い続けた!

目次

序章 最後の1日(2018年9月9日)
第1章 天国と地獄(2016年1月‐12月)
第2章 再び地獄に(2016年12月‐2017年5月)
第3章 松坂世代(1998年)
第4章 復活と、戦力外通告(2017年4月‐10月)
第5章 オファーを信じて(2017年10月‐12月)
第6章 鳴らない電話(2017年12月‐2018年2月)
第7章 諦めない(2018年3月‐7月)
第8章 男の引き際(2018年7月‐9月)
第9章 松坂世代、去る者と残る者と
第10章 背番号75(2018年10月‐)

おすすめコメント

横浜、巨人の主砲として球界に名を残し、2018年で現役を引退した男・村田修一。2017年オフに受けた、まさかの戦力外通告。野球人生を大きく変えた「運命の1日」に密着。どん底に落とされた時の心境、松坂世代の仲間との絆、家族と交わした言葉、そして引き際を初めて語った。