• 本

誰も知らない金融危機LIBOR消滅

出版社名 日本経済新聞出版社
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-532-35814-3
4-532-35814-0
税込価格 2,592円
頁数・縦 247P 19cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

金融危機を誘発、あるいは少なくとも金融の大混乱を招きかねない、ある大きな変更が、2021年末に金融業界で予定されている。LIBOR(ロンドン銀行間金利)の“消滅”である。この、全世界で300兆ドル以上の取引に使われている国際標準の金利指標が、算出されなくなるのだ。本書では、LIBORの誕生から、その金融のグローバリゼーションに果たした役割、不祥事に端を発する2021年末の“消滅”決定までの経緯、予想される影響と金融危機への懸念などを、わかりやすく論じている。LIBORの存在によって成立していたとも言える国際金融市場は、国際標準を失うことで、自由で匿名性の高いその性質を失い、国や中央銀行による規制が及ぶ市場に変化していく。そしてそれは各国で生まれつつある反グローバリズムの動きとも連動しているのだという。著者は日本経済新聞社編集局編集委員。金融部、チューリヒ支局、経済部などを経て現職。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2019年5月8日]

商品内容

要旨

世界で300兆ドルの取引に使われ、国際金融ビジネスの指標として用いられてきたLIBOR(ロンドン銀行間金利)。だが不正操作スキャンダルで信用が失墜し、虚構の指標であることも判明。2021年末に消滅が決まった。本書は、LIBORの誕生、発展、不祥事による危機、見直し、廃止までの波乱万丈の軌跡を明らかにし、廃止の衝撃を解説するもの。

目次

1 危機―金利の国際基準が消える2021年
2 誕生―グローバリゼーションを拓く
3 暴走―不正でゆがむ金融秩序
4 改革―当局介入の軟着陸
5 挫折―重症だった国際標準
6 変質―グローバリゼーション、終わりの始まり

おすすめコメント

国際金融ビジネスの指標LIBORがスキャンダルにまみれて2021年に消滅! 日本企業・富裕層にも及ぶ危機の構造を日経記者が解明。

著者紹介

太田 康夫 (オオタ ヤスオ)  
日本経済新聞社編集局編集委員。1959年京都生まれ。82年東京大学卒業、同年日本経済新聞社入社。金融部、チューリヒ(スイス)支局、経済部などを経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)