• 本

日本の伝説中部・東海

出版社名 河出書房新社
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-309-70075-5
4-309-70075-6
税込価格 2,268円
頁数・縦 332P 20cm

商品内容

要旨

羽衣、姨捨、諏訪の七不思議、八面鬼、猿神退治、一休話…全56話。

目次

静岡(富士山の伝説
赫奕姫昇天 ほか)
山梨(七覚御幸(藤截)―三派真木截
蒙古退治日月旗曼陀羅)
長野(西に傾く松本城の天守閣
善光寺如来の光明燈 ほか)
愛知(生剥ばなし(道場法師伝説)
八橋杜若 ほか)
岐阜(養老霊泉
念仏僧と天狗 ほか)
三重(荒祭宮神異
高宮の隠れ里 ほか)

著者紹介

藤沢 衛彦 (フジサワ モリヒコ)  
1885年、福島県生まれ。民俗学者、作家。明治大学卒業。藤沢紫浪名で小説を執筆した後、1914年日本伝説学会を設立。“日本伝説叢書”“日本歌謡叢書”などを編纂、雑誌『伝説』(1926‐27)を刊行、明治大学教授として、伝説学、風俗史学を講義した。日本児童文学者協会会長、日本風俗史学会理事長などを歴任。1967年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)