• 本

ディープすぎるシルクロード中央アジアの旅

中経の文庫 C67し

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-04-602193-9
4-04-602193-4
税込価格 990円
頁数・縦 366P 15cm

商品内容

要旨

三蔵法師の影を追いかけたシルクロード紀行。数千円で行けるルートをあえて使わず、数万円かけて越えた国境線。富士山頂なみの高所で極寒に震えたかと思えば、灼熱の南アジアで寝台車の狭いベッドに2人して眠る。フンザの絶景に若かりし頃を思い出し、その日の寝床もわからぬまま砂漠を駆ける―。インドを目指した三蔵法師の影を追い求め、旅程の再現を試みたバックパッカーは、旅路の果てになにを思う!?

目次

第1章 酷寒の砂漠を魔王が支配する―西安からカシュガルへ
第2章 草原の道で出合うシルクロード気質―カシュガルからテルメズへ
第3章 気温五十度?炎熱列車でめざす仏教の聖地―ペシャワルからガヤへ
第4章 砂漠の一本道の検問銀座を東へ、東へ―ガヤから西安へ

おすすめコメント

現代中国からいにしえの天竺へ! 時空を超えたバックパッカーの旅路西遊記でおなじみの三蔵法師が歩んだ旅路を下川裕治が今再び行く! 現代の「イミグレーション妖怪」や「イスラム原理主義妖怪」の魔の手をかいくぐってたどり着く目的地には、何が待ち受けているのか!?

著者紹介

下川 裕治 (シモカワ ユウジ)  
1954年、長野県松本市生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。新聞社勤務を経てフリーに。アジアを中心に海外を歩き、『12万円で世界を歩く』(朝日新聞社)でデビュー。アジアと沖縄を中心に扱った著書多数
中田 浩資 (ナカタ ヒロシ)  
1975年、徳島市生まれ。フォトグラファー。1997〜99年の北京滞在中、通信社にて報道写真に携わる。帰国後、会社員生活を経て2004年よりフリー。中華圏、アジアの旅写真を中心に雑誌、書籍等で活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)