• 本

日本史を動かした歌

出版社名 毎日新聞出版
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-620-32578-1
4-620-32578-3
税込価格 1,944円
頁数・縦 237P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

信長が天下統一目前に詠んだ歌とは!?現代短歌界を牽引する歌人が編む、日本史の英傑百人一首物語。

目次

第1章 大志を抱いた者たちの歌(乾坤をそのまま庭と見るときは我は天地の外にこそ住め(宮本武蔵)
世の人はわれをなにとも云はば言へわがなすことはわれのみぞ知る(坂本龍馬) ほか)
第2章 リーダーたちの歌(為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり(上杉鷹山)
人はただ身の程を知れ草の葉の露も重きは落つるものかな(徳川家康) ほか)
第3章 表現者たちの歌(石ばしる垂水の上のさ蕨の萌え出づる春になりにけるかも(志貴皇子)
世間を憂しと恥しと思へども飛び立ちかねつ鳥にしあらねば(山上憶良) ほか)
第4章 苦難に立ち向かった者たちの歌(おもひおく言の葉なくてつひに行く道は迷はじなるにまかせて(黒田官兵衛)
何事も移ればかはる世の中を夢なりけりと思ひざりけり(真田信之) ほか)
第5章 開拓者たちの歌(八雲立つ出雲八重垣妻籠みに八重垣作るその八重垣を(須佐之男命)
倭は国のまほろばたたなづく青垣山隠れる倭し美し(倭建命) ほか)

著者紹介

田中 章義 (タナカ アキヨシ)  
歌人・作家、元国連WAFUNIF親善大使。1970年、静岡市生まれ。大学1年生のときに第36回角川短歌賞を受賞。在学中から多くの雑誌に執筆・連載を開始。卒業後は、世界各地を旅しながら、ルポルタージュ、紀行文、絵本などを執筆。また、世界各地で詠んだ短歌が英訳され、2001年、世界で8人の国連WAFUNIF親善大使にアジアでただ1人選出。その後、国連環境計画「地球の森プロジェクト」推進委員長、ワールドユースピースサミット平和大使などを務めた。大学で短歌を教えているほか、テレビやラジオの情報番組のコメンテーターとしても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)