• 本

超孤独死社会 特殊清掃の現場をたどる

出版社名 毎日新聞出版
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-620-32576-7
4-620-32576-7
税込価格 1,760円
頁数・縦 284P 19cm

商品内容

要旨

死ぬ時は、誰もが一人。日本では、孤立状態1000万人、年間孤独死3万人。救済の手立てはあるのか?気鋭のノンフィクションライターが、知られざる最後の“後始末”の実態に迫る。

目次

はじめに 人も遺品も“ゴミ”として処理される社会
第1章 異常気象の夏は特殊清掃のプチバブル
第2章 燃え尽きて、セルフネグレクト
第3章 孤独死社会をサポートする人々
第4章 家族がいてもゴミ屋敷に向かう
第5章 なんで触ったらあかんの?僕のおばあちゃんやもん!
おわりに 孤独死に解決策はあるのか

著者紹介

菅野 久美子 (カンノ クミコ)  
1982年、宮崎県生まれ。大阪芸術大学芸術学部映像学科卒。出版社の編集者を経て、2005年よりフリーライターに。また、東洋経済オンライン、現代ビジネス等のウェブ媒体で、孤独死や男女の性にまつわる多数の記事を執筆している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)